kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

若松屋阡壱 桃の香りが上品な白あんの「桃ようかん」

犬山城の城下町で80余年、茶席用の和菓子を作り続けている老舗「若松屋阡壱」さん。

愛知県犬山市は桃の産地としても知られ、桃を使った創作和菓子も生み出しています。

「桃羊羹」は、なめらかに煉り上げた十勝産大手亡のこしあんに、

桃の果肉をたっぷり混ぜ込んだ珍しい羊羹です。

ねっちりした白あんの中から桃の香りが口に広がり、甘すぎず爽やかな印象です。

淡いピンク色の桃がほのかに透けて見え、上品なかわいらしさも魅力。

桃入り羊羹の珍しさも相まって、来客時にさりげなくお出しすれば、

きっと喜んでいただけるでしょう。

f:id:kotorio:20180531030852j:plain

【kotorioからのひとこと】

犬山市では、桃は古くから邪気を払うもの、不老長寿の果物といわれてきました。

松屋阡壱さんでは、桃を独自の製法で加工し、さまざまなお菓子にしています。

こちらは北海道産の白いんげん豆のこしあんに桃の果肉をたっぷり入れた、

色鮮やかな桃の白煉羊羹です。同店で、桃を使った他のおすすめとしては、

「有楽窓」という 桃の果肉と小豆を煉り込んだ焼き菓子。

国宝茶室「如庵」の窓の焼菓子でもあります。冷やすとさらに美味です。

桃羊羹: 和菓子 | グルメ・ギフトをお取り寄せ【婦人画報のおかいもの】