kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

エルメス家の一員が手がける話題のオリーブオイル

上質で味わい豊かなオリーブオイル、フランス産、イタリア産、スペイン産、

どれも迷ってしまいますよね。

さて、この夏の贈り物候補の筆頭に上がりそうな話題を引っさげて、

あの一家からオリーブオイルが登場!

エルメスを担う今の第7代(ファミリーとしては6代目)である、

社長アクセル・デュマ氏の大伯父であり、メゾン・エルメスの名誉総裁パトリック・ゲラン・エルメス氏ーーーの、ですね、(まだ続きます)

ーーー令夫人であるマルティーヌ・ゲラン・エルメス夫人が、イタリアのプーリア州、

サレント半島を訪れたところから物語が始まるのです。

ふう、長い長い。間違ってないよね。お名前、確認。

もともと良質のオリーブが栽培されているこの地方。

マルティーヌ夫人は家族の健康を思い自分でオリーブオイルを造るようになりました。

とびきりのお味が瞬く間に評判となり「ちょっと譲ってくださいマダム」の声が続出。

商品化するほどの人気となってしまったのですが、「エルメス」の名を利用せず、

オイルそのものの品質の高さと、エレガントで遊び心のあるデザインのボトルで、

確かな名声を築き上げてきました。

180508_giftset.jpg

【kotorioからのひとこと】

店頭購入できるのはロンドンのハロッズのみ。

その格の高さ、希少性もあいまって、知る人ぞ知る逸品となっています。

フランス人ですらなかなか手に入らないというその貴重なオリーブオイル。

日本での購入は、マルティーヌ夫人の名前を冠したバルサミコ酢とセットでこちらの

サイトから。

味とサイエンス