kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

丹波栗と、なると金時芋の素朴な美味しさ「いもくり」

中島大祥堂さんの銘菓「いもくり」。地元の丹波栗と甘みのある「なると金時芋」から生まれたヒット商品です。今日はじっくりその魅力に迫りますね。f:id:kotorio:20170909232039j:plain

丹波でひとつひとつ職人の技術を活かし、焼き上げています。
ていねいに裏ごしした栗と甘みのあるお芋の繊細なお味が、お互いの良さを引き立て、しっとり、満足感のある新食感になりました。


シロップに漬けた渋皮栗の粒が、なめらかな生地のアクセントとなっています。
また、洋酒やスパイス、香料は一切使用していないそう。
素材そのものの美味しさを感じられますね。

f:id:kotorio:20170909230117j:plain

ーー丹波栗についてーー

丹波で作られる、大粒でまろやかな甘さの希少な栗です。丹波で良い栗が育つのは、朝晩の温度差が激しい独特の気候から。平安時代から、朝廷や幕府に献上されてきた、栗の王様です。


このなめらかな質感と風味を生かすため「いもくり」には、丁寧に裏ごしした丹波栗をたっぷり使用しています。

アクセントには洋酒を使うことなく、渋皮栗のシロップ漬けが入っています。ですからお子様でも安心して、ほっくりとした栗の素朴さをいただけますね。

ーーなると金時芋についてーー

なると金時芋は、徳島の、温暖で降雨量が少ない気候から生まれます。海のミネラルをたっぷり含み、鳴門海峡の近くの砂地で育てられたもの。徳島県内の指定地域(鳴門市・徳島市・板野郡)で作られたもので、鮮やかな紅色の皮、中身は黄金色でホクホクとした食感が特徴です。

 

f:id:kotorio:20170909230741j:plain

パッケージは今をときめく「SOUSOU」の若林さんデザインのテキスタイル「南蛮菓子柄」。これを特殊なニスで浮き出しました。

慶事・弔事、手土産など、どんな用途にも利用できて、シンプルかつ高級感がありますね。お相手を選ばず、いつでも、どこでも。

ぜひ皆様もこの秋、丹波の旬のお味、お試しくださいませ。秋の陽光のもと、素敵なお茶時間のおともに。

f:id:kotorio:20170909225848p:plain  公式サイトはこちらから 

中島大祥堂 丹波本店 | 和洋菓子・カフェ・薪窯ピッツァ