kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

濃い紫、一本で物語性のある赤「シャトー・ド・ペズ」

15世紀に設立されたサン・テステフ最古のシャトーとして、また、

秀逸なクリュ・ブルジョワとして、高い評価を得ているワイン。

濃い紫ががったルビー色の外観。甘いカシス、プラムの華やかなアロマと

ジューシーな味わいです。中盤からは、朝露で濡れた森の中を歩いているような、

ちょっぴり軽快なニュアンスを感じ、フィニッシュにかけて、

スムースなタンニンとミネラルが全てをエレガントにまとめてくれます。

www.takashimaya.co.jp

【kotorioからのひとこと】

サン・テステフの町の西に位置し、大きな双子の塔が目印のシャトーです。

以前は、強固でがっしりとした味わいが特徴のシャトーでしたが、

1995年にシャンパーニュ・メゾン、ルイ・ロデレールが買い取ります。

柔らかさが加わり、デキャンタ誌で五つ星を獲得するまでになりました。

メルローカベルネ・ソーヴィニヨンがそれぞれ45%ずつ、

残り10%にカベルネ・フランとプティ・ヴェルドが植えられています。

収量を減らし、品質重視のワインメイキングがされています。

収穫は手摘み、木製の発酵槽で約25日間発酵、オーク樽でのマロラティック発酵、

14ヶ月間の樽熟成、清澄後、ノンフィルターで仕上げられます。

メルロの比率が高いことによる、まろやかさ、バランスの良さが魅力です。

これだけお手頃価格にも関わらず、奥行きのあるワインです。