kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

赤、白?ワインが進むフランス仕込みのハードパン

パティシエとしてフランスのレストランで経験を積んだこともある花籠賢俊さん。

花籠さんが焼くパンは、料理やワインとの相性が素晴らしく、

京都の料理店の間でも一目置かれています。

今回は、ワインに合うハードパンのご紹介です。

水を使わず、赤ワインでこね上げたパンや、ブルーチーズと蜂蜜入りのパン、

九条ねぎのフォカッチャ、アンチョビのフィセルなど、

そのままおつまみになりそうなパンも入っています。

召し上がる分だけ自然解凍し、お好みで軽くトーストすると、

さらに香ばしさが増しておいしくなります。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

通りに出ている看板が目印の、隠れ家的なご近所パン屋さん。

フランス仕込みの花籠シェフの作る本格バゲットや食パンに惚れこんだ料理人さんが頼み込み、現在、20軒以上の京都の料理店で用いられています。

「パン屋というより、食材屋でありたい」

料理やチーズ、ワインと一緒に味わえるパンを生み出す花籠シェフ。

かつてのパティシエ経験から生まれるバランス感覚がいきています。

店頭には20種類の大人好みのハードパン。

水を使わず赤ワインで練った「赤ワインのパン」は必須。

今回、やっと「ワインに合うハードパン」の詰め合わせをご紹介できました!