kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

愛らしい鯛の中になめらかなこしあん

古くから、五街道の出発点として賑わった日本橋

その地で、江戸の文化や情緒を和菓子に託して伝えている「日本橋屋長兵衛」さん。

おめでたい象徴でもある鯛を象ったなごみの和菓子「天下鯛へい」は、

小ぶりな形やきょろりとした大きな目のなんとも愛らしい鯛の表情が、

女性たちにも大人気。もっちりしっとりした生地に、

なめらかなこしあんを包んで焼き上げており、生地とあんがよくなじんでいます。

名前も縁起がよく、また個包装で高級感ももち合わせていますので、

年末年始の贈答にもぴったりです。熱いお茶と一緒にいただきたい一品です。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

鯛は「めでたい」ものとして、その鮮やかな赤い体色や、勇壮な姿形、

上品な味などから古来貴ばれてきました。

江戸時代に入ると、慶祝事の際には頭から尾まで完全に揃った尾頭付きの鯛が

「終わりを全うし、人生を全うしうる」縁起の良いものとして、

饗されるようになったそうです。

その縁起かつぎの鯛、愛らしい姿に仕上がった、食べるのがもったいない和菓子です。