kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

カステラのフレンチトースト風? 歴史ある和スイーツ

1502年創業の老舗「蔦屋」が作るカステラの原点「カスドース」。

もともと大航海時代、船内に持ち込まれた保存食だったカステラを、

砂糖水で煮ることでやわらかくし、おいしく食べる製法として、

カスドースの作り方が伝わったという長い歴史があります。

「蔦屋」さんでは、焼き色のついたカステラの端をそぎ、ほどよい大きさにして、

卵黄にくぐらせたのち、沸騰した糖蜜に入れて作っています。

まわりはお砂糖でざらりとコーティング。

ほどよい噛み応えとじゅわっとした感とともに、良質な卵の香りが広がります。

長崎県・平戸の農業高校で朝、生徒たちが箱詰めする卵を使っています。

贈答にもおすすめの品です。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

異国文化がいち早く渡来した平戸の地で、400年以上も愛され続ける平戸の銘菓、

それが、蔦屋さんの名物「カスドース」です。

カステラを卵黄にくぐらせ、糖蜜で揚げたこの南蛮菓子は、

ポルトガルの家庭で伝統的に食されてきたもの。

その製法は、江戸時代にポルトガル人の宣教師から伝えられたとされています。

当時は贅沢品であった卵や砂糖をふんだんに使った蔦屋の「カスドース」は、

殿様だけが食べられる「幻の菓子」とされ、明治以降、皇室献上菓子になりました。

ふくよかな甘さが広がる黄金の味、ぜひご賞味ください。