kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

守り継がれる郷土のお茶うけ菓子

創業は1611(慶長16)年。400年の歴史ある福知山の老舗「名門堂千原」さん。

江戸時代には宮津藩の御用菓子司を務め、代々、地元名産菓子を創作してきました。

このお店を代表する銘菓「里柿」は、ころ柿(干し柿)をイメージ。

餡の部分がへた、求肥の部分が実、砂糖はまわりの粉を表現しています。

糖蜜で練った寒梅粉の餅に砂糖をまぶし、棒状に切ったあとにひとつひとつ、

ころ柿の形にする手づくりの味。

中のこし餡には、細かく切った干し柿が練り込んであります。

モチモチした歯切れのいい求肥の口当りと、砂糖のシャリシャリとした食感が絶妙。

あとから餅の柔らかさと餡の甘みが上品に口の中に広がります。

郷土色豊かな素朴な味わいは幅広い年代の方に喜ばれることでしょう。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

名門堂千原の栗を使った和菓子と、代表銘菓である「里柿」は、

お取り寄せ好きならぜひ押さえておきたい一品。

秋には「うま栗」「栗蒸しようかん」など、栗菓子のラインナップが豊富ですが、

通年で作られている「里柿」は、いつも変わらぬ美味しさです。

運がよければ、秋冬限定の小粒バージョンも出会えることがありますよ。