kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

香ばしくあとを引く 佃煮屋さんのナッツ

「くるみのおやつ」は、創業81年を迎えた金沢の佃煮屋さんの新商品。

くるみは、金沢では昔から食べる習慣があり、こんにち健康食材として注目されているナッツのひとつ。

佃煮だけでなく、手軽なおやつとして提供したいとの思いから開発されました。

佃煮を煮るときに使う釜を使ってくるみを炒り、4種のフレーバーに仕上げています。

メープルシロップ・大野醤油風味・生姜カラメル・黒糖です。

くるみの香ばしさやカリッとした食感が魅力です。

黒糖味以外は、ほんのり塩気が効いていて、あとを引くお味。

缶に描かれたりすの柄も可愛いらしく、ちょっとした手土産にも重宝しそうです。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

金沢のくるみは「久留美」、こころ伝わる、やさしいおやつです。

この地では、いつまでも若々しくキレイであるようにと願いを込めて

留美(くるみ)を食べる習わしがあります。

藩政時代、霊峰白山に自生するくるみを拾い、お殿様に献上していたそう。

ミネラルや食物繊維が豊富で、女性にうれしい栄養価もふくまれます。

くるみの良質な油脂は、お肌や髪の毛のツヤに良いと、城下町でも評判でした。

金沢の結婚式でも、花嫁が一層美しくありますようにと

婚礼のごちそうにくるみの佃煮を添えるほど、馴染みがあります。

オメガ3脂肪酸が豊富で、健康づくりによいと注目を集めています。

そんなくるみを炒って、キャラメリゼ風にしたのが「くるみのおやつ」です。

ローストしたくるみに、シロップなどフレーバーを加えて釜の中へ。

佃煮づくりのわざを活かし、じっくりとからめてツヤツヤくるみの誕生です。

釜から取り出して冷ますと、表面には自然な結晶が浮かび上がります。

カリッと香ばしい金沢発「くるみのおやつ」。

「久留美」の物語をそえて。金沢の「贈る文化」を試してみませんか。