kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

フレッシュ・オリーブオイル「モンフラン」

オリーブオイル「シャトー・ド・モンフラン」は、シャトーの主であり、美食家としても名高いジャン・レネ・ド・フリューリュー氏の造り手としてのこだわりから生まれました。

プライベートで作っていたオリーブオイルが評判を呼び、現在は一流シェフも指名買いするほどの人気ぶりです。

早摘みの実を24時間以内にボトリングするため、酸度はEU規定値0.8%よりもずっと低い0.16%です。

新鮮さ抜群、爽やかな「シャトー・ドゥ・モンフラン」、お肉とも相性がよい「プティ・シャトー」のセットです。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

パリ農業見本市で2005年から4回にわたって金賞受賞。

オリーブの木は基本的には同品種では受粉がしにくく、異なる品種の木を植えることが多いそうです。

そんな中、このオリーブオイルはアルベキーナという単一品種のみで搾られていて、個性豊かな香りと風味が特徴です。

南仏特有の土壌を生かしたスウィートタイプ。

色は澄んだ金色で、グリーンアップルやキウィフルーツを思わせるすがすがしい香り。

後味はまろやかなアーモンド。

温野菜や白身魚などの繊細な旨みをもつ食材とのバランサーになります。

パリのパラスホテル「ル・ムーリス」のシェフ、ヤニック・アレノ氏をはじめ、

ミシュラン星付きレストランのシェフたちも愛用の逸品です。