kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

大阪で愛されてきた伝承の技「えびすめ」詰合せ

創業から160年余り、暖簾の心と匠の技を守り続けている「小倉屋山本」さん。

小説家、山崎豊子さんのご実家で、小説「暖簾」のモデルとなった大阪の老舗です。

店を代表する商品といえば、戦後3代目ご主人様が独自開発した「えびすめ」。

昆布の中でも最高級品とされる、北海道・道南産の真昆布を使用しています。

中央の肉厚な部分をふんだんに使い、煮汁を残さない伝統の技で、丹念に炊き上げてから乾燥させます。

これは、現在の「塩ふき昆布」の元祖と言われています。

ほんのり昆布の旨みを感じる「ちりめん山椒」、昆布にひらたけ、椎茸など山の幸を合わせた「山海の味」のセット、贈答にふさわしい木箱入りです。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

「えびすめ」は古い日本語で「昆布」を意味します。

「小倉屋山本」さんでは、上品な甘味が特徴の真こんぶを使用しています。

色、つや、手触りなどから、経験を頼りに、その年最高の昆布を見極めます。

昆布のうま味を引き立てるのは、熟練の技です。

炊き汁を残さず昆布の中に閉じ込める「煎り炊き」、昆布の形を損なわないようにまんべんなくうま味を行き渡らせる「天地がえ」など、今日も継承し続けています。

昆布本来の旨味を最大限に引き出し、匠の技で仕上げた伝統の逸品、ぜひお試しください。