kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

干物の旨み、豪華な伊勢海老で

静岡県・熱海で5代にわたって干物店を経営している「釜鶴ひもの店」さん。

食通によく知られたこだわりの干物店のオススメが伊勢海老を干して食べることです。

良質の伊勢海老はもともと身が引き締まっていますが、干物にすることによって独特のおいしさがぎゅっと凝縮され、甘みも増加されるのだそう。

さあ、知られざる美食の世界へ、ともに参りましょう。

食べ方は簡単です。身が見える側を軽く焼いたら、あとは殻側をゆっくり焼くだけ。

尾の付け根から頭に向かって身をはがし、お好みで、頭の味噌を絡めつつ、お召し上がりください。

稀少な干物をこの機会に是非、ご賞味くださいませ。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

熱海で自社製造を行う干物屋さんは年々少なくなってきているそうです。

そんな中「釜鶴ひもの店」さんは 熱海の老舗として信頼厚く、五代目ご主人様が毎日市場に足を運び、自らの目で納得した魚を仕入れていらっしゃいます。

150年の伝統を受け継ぐ魚さばき、天日塩を使用したうす塩の絶妙な塩加減は、 ベテラン職人さんの手作業ならでは。

酸化防止剤は一切使用せず、安心、安全な無添加干物に仕上げています。

親子五代の伝統を守りながらも、 アンチョビ、骨なしアジ、伊勢海老の干物など、革新的な商品づくりにも取り組んでいらっしゃいます。

お店では、地物を中心に30種類以上の干物を取り揃え、鮮度抜群の地魚とともに、季節を味わう喜びを感じることができます。

今回ご紹介した伊勢海老以外にも、さより、伊豆近海で獲れた釣りの金目鯛など。

中でも釜鶴さんでkotorioオススメは「春告げ魚」と呼ばれるさわら。

ふっくらとした白身でくせがなく、上品な味わいです。

適度な脂があり、身厚なものは冷めてもやわらかく、お弁当にもピッタリ。

焼いていただくのはもちろん、塩味がついていますので、軽くコショウをふってムニエルにもできます。