kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

こっぺ蟹の香ばしさと旨み、甘みが凝縮した「蟹おこわ」

こっぺ蟹(せいこ蟹)の水揚げ地として有名な京都丹後にある温泉旅館「雨情草庵」で、お料理の逸品としてつくられた蟹おこわ。

宿泊客に大人気のおこわを「かにのお土産」として持ち帰ることができるように、作られた商品です。

内子と外子がメインの、珍しいおこわです。

京都丹後産のコシヒカリともち米を、蟹のだしで炊いて殻に詰め、こっぺの脚身、卵、身肉をギュッと盛り込みました。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

地元の方が「こっぺ蟹」と呼んでいるセコガニとは、松葉ガニのメスのことです。

外子はプチプチとした食感、色が買うほど美味と言われています。
内子はとても濃厚な味わいで、一番の珍味です。
味噌は体が小さい分少なめですが、ぎゅっと凝縮された本格派の味。

甲羅の器は、紅ズワイガニを使用しています。

おこわは、丹後コシヒカリとうるち米を蟹の出汁で炊き上げました。

またトッピングとして、セコガニの身をていねいにほぐし、おこわの上に盛り付けてあります。

袋に入れたまま、電子レンジで温めるだけ。

突然の来客時にも、スマートに、日本海のご馳走が振る舞えます。

ぜひ冷蔵庫にご常備下さい。