kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

ふっくら鰻とほうじ茶で

北九州で鰻といえば、真っ先に名前が挙がる「田舎庵」。昭和元年の創業です。

老舗の人気の味を手軽におうちで楽しめるのが「鰻茶漬」です。

天然に限りなく近づけるべく、水を加温せず、その分長い期間をかけて養殖した鰻のなかから、さらに脂ののったものだけを選び抜いていらっしゃいます。

肉厚でボリューム感のある鰻を独特の「たたき焼き」で香ばしく焼き、蒸して適度に脂を落とし、最後に炊き上げるという、手間のかかった、贅沢な一品です。

甘さは控えめで、ピリリと実山椒と.油が効いているので、ほうじ茶をかけたときのバランスといったら、なんとも絶妙!

鰻がふっくらとしてからお召し上がりください。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

素材である天然鰻あってこその鰻茶漬け。

天然ものには、限りがあり、漁期の5月〜11月頃までの、有明海豊前海の鰻を中心に、自ら訪ね歩いて納得の行くものだけを使用していらっしゃるそうです。

「田舎庵」さんの蒲焼きは、程よく脂がおちて、最高に美味。鰻に火を沢山「食べさせる」独特の技術で鰻本来の旨味を最大限に引き出し、皮目はパリッと、中はふっくらと香ばしく焼き上げています。

蒸さずに地焼きのみなので、鰻の味が凝縮され濃くなり最も美味しい状態になります。

タレは、最高品質の超特選国産丸大豆製の醤油と、純米本みりんを使っています。無添加で、九州風のやや薄甘口の風味です。

豊かな自然と、その恵みを大切に扱う料理人とのコラボレーションが、ぎゅっと詰まった一品です。あたたかいご飯にのせて、ほうじ茶か番茶をかけていただきましょう。