kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

夏の味覚 季節限定の夏おこわ

京都市の北部、自然が豊かに残る花脊で、料理旅館を営む「美山荘」。

この名荘が夏の一時だけに作る、季節限定のおこわです。塩焼きにした鮎、蒲焼きにした鮎、野趣溢れる蕗のとうの、3種の味わいのおこわが詰められています。

味つけはとても上品。

それぞれの素材のよさが引き出されており、美味極まります。

冷凍で届きますが、凍った状態で竹皮にくるまれたまま温めることが可能です。

夏のギフトに最適ですね。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

私たち日本人には、日常生活と別に、特別な「ハレ」の日がありました。

もち米は貴重品で、蒸したおこわは慶事や祭り、正月などハレの日にだけ食す文化がありました。

ハレの日にまつわる食べ物やしつらい、しきたりだけでなく、旬の食材の働きを知り、季節にふさわしい状態でからだに取り入れる工夫も、私たちは先祖から受け継いでいます。

職人さんが朝早くから、日に何度も炊きあげる出来たてのおこわ、美味しい香りが漂ってきそうですね。今では量り売りできるお店も減ってきています。

そんな中、伝統を重んじつつ時代に受け入れられるよう進化する名旅館の「創作おこわ」、ぜひご賞味ください。

季節の旬のもの、安全なもの、そして家族みんなの健康を思うお母さんの思いがたくさん詰まったおこわです。