kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

脂ののった金華鯖のジューシーな旨み

「金華鯖」は、南三陸金華山沖で漁獲され、宮城・石巻港で水揚げされた真鯖です。

脂のりが抜群で旨みが強く、ジューシーなのが特徴といわれます。

そんな金華鯖にこだわって作られる鯖の棒寿司をご紹介致しましょう。

鯖ずしづくりの工程は全て手作業で行われます。

仕込み、塩を馴染ませ、骨を抜き、酢で〆るーー1つ1つの工程を職人さんたちの手で丁寧にとりかかり、シャリを受け入れる準備をします。

合わせる酢は、秘伝の配合比。職人技が光るシャリ切りが完成します。

握りの工程で個々の素材が鯖ずしへと姿を変えます。

素材を活かし、一体感を持たせるには、熟練の技術が必要で、この「握り」によって鯖ずしの味が変わってきます。

地元宮城県産のササニシキを使用したシャリは、酸味と甘みのバランスがよく、ギュッと握られているようで、しかし口に入れるとほろりとほどけるちょうどよさ。

「金華鯖ずし」、脂の旨みと伝統を、じんわりと感じます。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

主役となる鯖は締めすぎず生すぎず、ほどよいレア具合。

口にした時に、酢にでしまりすぎた従来の〆鯖とは違い、鯖の味を最大限に引き出せる「生感」とも呼べる、生きた味わいが広がります。

鯖本来の旨味が存分に味わえるよう仕上げた弾力性、濃厚な旨味あふれる逸品です。

心ゆくまでご堪能ください。