kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

生たこのプリッ、コリッとした食感 「明石だこ」

「明石だこ」は、明石沖で漁獲されたマダコです。

明石海峡には餌となるカニ、エビが豊富で、海底は岩や砂など変化に富んでいます。

そこで育つ「明石だこ」は激しい潮流に流されないようにふんばるんですね。ゆえに、「立って歩く」と言われるほど、力強い「たこ」になるんです。

梅雨から7月下旬の育ち盛りは「麦わらだこ」と呼ばれます。

産卵に向けて栄養を蓄えているので、歯ごたえがありながら、柔らかく、甘みがあり、かみしめるほどに味が出ます。

「明石だこ」は、ゆで上がると小豆色になる事が特徴です。

タコの旨みが凝縮した干しだこで作る「たこ飯」は明石自慢の郷土料理です。

また「明石だこ」は刺身、やわらか煮、酢の物、ぶつ切り、天ぷら、焼き物にと様々な料理に用いられ、関西の食文化には欠かせないものになっています。

今回ご紹介するのは、ぷりぷりの生たこが美味なお茶漬けの素、こだわりぬいた2種類です。

まずは、茎わさび、野沢菜、長芋で漬け込んだ「明石だこわさび」。

もうひとつは、柚子がふんわりと香る「明石だこゆず」のセットです。

温かいご飯にのせ、生たこのプリッ、コリッとした感触をお楽しみいただけます。

あるいは、お茶を注いでさらさらとしたお茶漬けに。

最後に、添付の茶漬けの素(あられ、海苔など)をかければ、香ばしいお茶漬けが手軽にお召し上がりいただけます。

fujingaho.ringbell.co.jp

 

【kotorioからのひとこと】

こだわりの明石だこを、お茶漬けセットとしておうちで楽しめるとは。

生たこのコリッとした食感は、本格懐石料理店もびっくりのお味。

兵庫の郷土料理「たこ飯」もだしを使って、手軽に炊飯器で作れちゃう!

ぜひおうちでお楽しみください。