kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

丹波黒豆入り・賀茂とうふ「 笹すずろセット」

「賀茂とうふ 近喜」さんは、1834(天保五)年創業の京都の老舗お豆腐屋さん。

国産大豆と京都の水を使い「大豆そのものの甘み」を生かしたお豆腐やお揚げを作る専門店です。

創業当時の屋号は「湯葉喜」といい、湯葉作りが中心だったそうです。
三代目の頃、日本で初めて発動機付きの石臼を導入し、近代的な豆腐作りを始め、屋号を初代の名前にちなんで「近喜」と改めました。

六代目となる今日のご主人様も、大豆にこだわり、使用する大豆はすべて国内産丸大豆です。有名料亭からも、絶大な信頼を得ています。

 

こちらは大豆スペシャリストによるちょっと風変わりな「創作まんじゅう」とでも申し上げましょうか。

青大豆の豆乳をもちもちにして、湯葉で包み、丹波の黒豆をしのばせてあります。

笹の香りが芳しく、味わいはダイレクトな豆の甘さのみ。

抹茶塩やわさび醤油をかけるのが、お店のおすすめとのことです。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからのひとこと】

水のきれいな京都で作られたほんものの味ーー中には丹波の黒豆が入っています。お中元にも最高ですね。

ひとつのものがたりをいただくようで、ぜひ、フランスに紹介したい、日本の創作エスプリの一つです。

ほかにも「近喜」さんのおぼろ豆腐、季節のお豆腐、湯葉など、どれをとっても、伝統い裏付けられた、良質な品々ばかり。冬には白味噌豆乳セットでお鍋も楽しめそう!