kotorioさんちの美味しいもの

フランスから 和洋よきものお取り寄せ

               

自家製だれ・「くぼなか」さんの焼あなご

兵庫県・明石の鮮魚店で働く「くぼなか」のご主人が、料亭向けに天然の焼あなごを卸し始めたのは昭和46年のこと。

小売店舗を持たないにも関わらず、そのあまりのおいしさは、当時、広く口コミで広がりました。

「くぼなか」さんのあなごは腹開き、頭付きの関西風です。

箱を開けると、自家製だれと強火で焼きあげられたあなごが姿を現します。

串からはずし、魚焼きグリルやオーブントースターで軽くあぶってください。脂がゆるんだころ、香ばしさと、甘辛い香りがパッと花開きます。

fujingaho.ringbell.co.jp

【kotorioからひとこと】

網にのせてあぶり直すと、脂がじゅわっとしたたり、香ばしさがいっそう引き立ちます。お好みで、わさびを添えていただきましょう。

残った尾は捨てずに刻んで、穴子寿司にしてみるのもいいかもしれませんね。